簡易査定と訪問査定どっちがお勧め?

簡易査定と訪問査定

 

簡易査定と訪問査定の選び方

机上査定と訪問査定、どちらを選べばいいかわからないこともあるでしょう。 簡易な査定方法であるのが机上査定で、地価や過去の取引例などを参考にして概算を査定する方法です。
一方訪問査定では、細かい点までチェックして正確な査定額を算出することを目的としています。現地を不動産会社が実際に訪れて、1つ1つの項目をチェックしていく方法をとります。売却が決まってる方にお勧めです。

 

訪問査定では、不動産会社の人と直接話をする機会が得られるので、この機会を利用して分からないことや不安に思っている点を相談してみるのもいいですね。 売却をするならば、訪問査定をするのがベストです。 ただ、売るかどうかまだ気持ちに揺らぎがあるようでしたら、まずは机上査定を受けてみるといいと思います。 状況に合わせて使い分けて下さい。
机上査定…だいたいの査定の金額を出してもらいたい人に最適。
訪問査定…数ヶ月以内に売却が決定している場合

 

簡易査定と訪問査定の違いグラフ

 

売却額は査定額で決まるは間違い!

最近は、一括不動産査定を利用すれば簡単に複数の不動産会社から査定結果をもらうことができますが、 ここでいう査定によって算出される金額は、これくらいの金額で売れるのでは?という予想額であるため、あなたが手にできる金額であるとは限りません。

 

不動産会社からの査定額は、不動産会社の判断基準に基づく見込価格ですが、 その価格で売却を保証するものではありません。 自宅の周辺環境や、その時々のニーズ等によって差は出ますが、 だいたい2割程度ほど安くなってしまったという人もいらっしゃいます。

 

また一方で、状況によってですが思いがけない高額売却を体験したというケースも稀にはあるものですが、 査定金額よりもやや低い金額になるという覚悟をしておくことのほうが、とても大切です。

 

簡易査定と訪問査定のどっちを選ぶのがいい?

簡易査定と訪問査定はそれぞれ特徴が異なります。簡易査定と訪問査定どっちを選べばいいのか迷ってしまう方もいるかと思いますのでお勧めの方法を紹介します。まだ売却することがはっきりと決まってない方やとりあえず現場の自宅の価値を知りたい方は簡易査定を選ぶと良いと思います。一方、訪問査定が良い方は既に売却することが決定しておりしかもある程度査定を依頼したい不動産会社が決まっている方は訪問査定を選ぶと良いと思います。

簡易査定…売却はまだ決定してない方、がとりあえず自宅の価値を知りたい方

 

訪問査定…売却が既に決まっている方、不動産会社がある程度絞れている方

 

 

 

当サイトのお勧め方法

当サイトのオススメはまずは簡易査定で幅広く不動産会社の査定をとります。その中から気になった会社に対して訪問査定と言う2段方式です。

 

不動産一括査定サイトを利用するととても便利で同一条件同一のタイミングで複数社に査定を依頼出せますので、感情に左右されなく冷静な目で不動産会社を比較することができます。その際選ぶべき不動産会社は大手不動産会社、地元密着型不動産会社などタイプの異なった不動産会社を選ぶと良いでしょう。気になった会社に対して訪問査定をし担当者の質、相性、具体的な売却プラン、査定額の根拠等を考慮して信頼できる不動産会社なら専任媒介契約を結ぶといった形です。

 

まだ信頼できる不動産会社が見つかってない方はこのような2段方式で査定を依頼すると信頼できる不動産会社が効率よく見つかると思います。

 

@