媒介契約と専任契約の違い

 

媒介契約と専任契約の違い

媒介契約は大きく分けて一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類があります。それぞれの契約はメリットとデメリットが異なりますのでしっかり自分に合った契約方法を選ぶのがポイントです。当サイトでは、これら3種類の媒介契約について細かく紹介します。

媒介契約の特徴一覧表

契約の種類一般媒介契約専任媒介契約専属専任媒介契約
他社への媒介依頼XX
自己発見の直接契約X
報告義務義務なし2週間に一回以上1週間に1回以上
有効期間無制限3ヶ月3ヶ月
レインズの登録義務義務なし7日以内に登録5日以内に登録
自宅売却をするには、自宅を買ってくれる人を見つけたり、それに伴う契約を交わしたりしなければなりませんが、 一般的にはそれらの仲介役として不動産屋さんに依頼することになります。
仲介と媒介はほぼ同義です。口語的には仲介が使われますが、不動産売却に関しては専門用語として媒介がよく使われます。

・媒介契約とは、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3つから成り立ち、違いは次の通りです。


・一般媒介契約⇒複数社との媒介契約が可能
・専任媒介契約⇒1社の不動産屋さんとのみ媒介契約が結べる
・専属専任媒介契約⇒媒介契約は1社のみ結ぶこと、さらには買い手を見つけるのもその不動産屋さんにすべて託すことになる

 

専任媒介契約を結ぶ場合には、きちんとすべてを託せる信頼できる不動産屋さんであることを確認したうえで結び、それ以外の場合には一般媒介契約で様子を見ておくこともよいでしょう。

 

一般媒介と専任媒介図

 

媒介契約と専任契約のまとめ

媒介契約と専任契約のまとめ

媒介種類についていろいろ細かく説明してきました。なんだかんだ言って1番選ばれているのは専任媒介契約です。当サイトも専任媒介契約がお勧めです。その理由は専任媒介契約の方がより営業や広告費の投入など売却活動を真剣に行ってくれるからです。一般媒介契約ですと他の会社に契約をとられてしまうと今まで費やした労力、時間、広告費が全て無駄になってしまいます。このようなことから一般媒介契約ではあまり真剣に売却活動してくれない風潮があります。もちろん中には競争原理が生まれて一生懸命営業する不動産会社もあると思いますが…少ないと思います。
それに多くの方が初めての不動産売却だと思いますので何かとサポートや相談に乗ってもらうことも多いかと思います。より親身になってもらえるのはやはり一般媒介契約より専任媒介契約なのでこの観点からも、サイトでは専任媒介契約を結ぶのを推奨してます。一般媒介契約が良い場合というのは一言で言えば超人気エリアの物件です。超人気エリアの物件とは都内の一等地や山手線の駅側など、営業をしなくても自然と買主が集まってくる物件です。このような人気物件ですと一般媒介契約にした方が幅広く宣伝できるので早く売却できる可能性があるからです。

 

当サイトの基準

  • 特段の事情がない限り専任媒介契約
  • 超人気エリアに限り一般媒介契約