不動産売却にかかる仲介手数料の値段は?不動産売却成功ガイド

不動産売却の仲介手数料について

不動産売却は意外と多くの手数料がかかります。その代表例が仲介手数料です。ここでは仲介手数料について細かく紹介していきます。

仲介手数料の金額について

不動産売買における仲介手数料の金額については、 宅地建物取引業法で次のように上限値が決められています。

金額 仲介手数料
200万円以下 代金額x5%
200万円超~400万円以下 代金額x4%+2万円
400万円超~ 大金額x6万円
※売買価格には消費税を含みません。

売買価格が400万円を超える場合は、 以下の計算式で求められます。

仲介手数料+(売買価格x3%+6万円)+消費税

 

 

例えば、900万円のワンルームマンションを購入した際の仲介手数料の上限は、900万円×3%+6万円で33万円(税別)になります。

注意仲介手数料を算出する基礎となるのは、「消費税を含まない売買価格」になります。物件の表示価格が「税込」となっているケ-スもあるので、その場合は注意が必要です。
この金額は法律で決まってますので、 これ以上の価格を請求される事はないので安心して下さい。 不動産会社によっては 仲介手数料が定額の業者が出てきたり、 早期売買すると手数料負けてくれる会社も出てきてます。 仲介手数料早見表

その他の費用

仲介手数料以外にも以下のような費用がかかります。
不動産売却の諸経費 上記の全てが必ず必要になるわけではないのですが、 不動産の売却の費用の相場は、 売値の3~10%もかかるので注意しよう。 これらの費用は不動産が売却して得たお金でもいいのですが 手数料に関しては売買契約の時に半額を、残りの金額を後で支払うなど分割で金額が必要となります。 残りの金額を後で支払うなど分割での支払いが必要になります。

不動産売却の仲介手数料のまとめ

不動産売却の仲介手数料のまとめ

不動産売却の仲介手数料やその他の税金等の費用について紹介してきました。意外と不動産売却でお金かかるって事は分かったと思います。住み替えの方は特に注意が必要なのですが住宅ローンは基本的に一括返済です。不動産の売却価格より住宅ローンの方が高かった場合はその差額を一括で返済しないといけません。ですので仮に売却価格と住宅ローンが同じだから大丈夫かと思ってたところ費用を計上していなかったため思わぬトラブルを生んじることも考えられます。不動産売却にかかる費用はある程度の売却要素価格がわかれば事前に導き出すことが可能です。ですのでしっかりと売却する前にいくら費用がかかるのか把握しておきましょう。